矯正治療

マウスピース矯正について

横浜マウスピース矯正歯科センターでは、つけていることが目立ちにくい、マウスピース矯正をお勧めしております。
当院で利用可能なマウスピースの種類や、マウスピース矯正によるメリットをご説明します。

インビザライン

インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)

インビザラインは、マウスピースを使って歯を動かす矯正方法です。
3Dシミュレーションのデータをもとに、少しずつ形を変えたマウスピースを作成し、それを交換しながら力を加えることで歯を並べることができます。

当医院の9割以上の患者が、インビザライン治療を選択されています。
矯正中でも今までとかわりなく学生生活やプライベートを楽しみたい気持ちがありますね。
目立たない装置で矯正したいという希望はもちろん、デジタル化した治療技術やシミュレーションで安心して治療を始めることができる点も決め手です。

ご自身の歯がどう動いてゴールに向かうのか、どれぐらいの時間がかかるのか、その疑問を解消しながら治療計画を組み立てます。
「インビザラインでは治療できない」と言われてセカンドオピニオンで来院される方も多くいらっしゃいます。数多くの患者様をインビザラインで治療してきた経験や技術から、さまざまなご提案をしながら一緒に方向性を相談しましょう。

マウスピース矯正のメリット

矯正治療には、マウスピース型矯正器具、ワイヤー(ブラケット)、インプラント矯正等さまざまな方法がありますが、中でもマウスピース矯正は、患者さんにとっても多くのメリットがあります。

  • メリット 1

    目立たない

    マウスピースは透明です。
    「矯正、本当にしてるの?」と、友達に驚かれることもしばしば。
    今まで、目立つ矯正はイヤだなと思いとどまってしまっていた方でもこれならストレスなく矯正することができます。
    思春期のお子様でも、コンプレックスを改善できますね。

  • メリット 2

    取り外せる

    ブラケット・ワイヤー装置は自分で取り外しができません。
    マウスピース矯正は、ご自身で取り外ししながら日々歯を動かしていく装置です。

    また、取り外せるマウスピースなので、ブラケットやワイヤーが外れたといった救急対応はほとんどありません。

  • メリット 3

    食事もいままで通り

    矯正治療は、長期に及びますが、その間、食べたいものが食べれないのはストレスが溜まります。
    従来のブラケット装置より痛みも少ないため食事も今まで通りできます。
    マウスピースを外して食事が可能で、食べたいものを食べてOKです。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正、どちらを選ぶべき?

従来、歯列矯正器具といえばワイヤー(ブラケット)が主流でした。今でも矯正と聞くとワイヤー(ブラケット)をイメージする方が多いかと思います。ワイヤー矯正とマウスピース矯正ではどのように違いがあるのでしょうか?
マウスピース矯正は、ワイヤー矯正に比べて、よりリスクや手間の面でも患者さんにとって嬉しい点が多くあります。

  • マウスピース矯正が選ばれる理由 1

    虫歯のリスクが低い

    ブラケット・ワイヤー矯正では、装置の周りや、歯の間をキレイに磨くことは難しく、どうしても、虫歯のリスクが上がることが心配されます。
    マウスピース矯正は、装置をはずして今まで通り歯ブラシができます。
    歯間ブラシやフロスもできるので、虫歯予防はカンペキです。

  • マウスピース矯正が選ばれる理由 2

    痛みが少ない

    「矯正って痛い」イメージですよね。痛みには2種類あって、歯が動かされる痛みと、装置が歯ぐきや頬に触る痛みがあります。
    マウスピース矯正でも歯が動かされるので、多少痛みは感じます。
    しかし、マウスピースから歯全体に加わる力は計算されていて、ワイヤーに比べてかかる力が少なくてすみます。
    また、ワイヤーを使わないため頬にワイヤーが当たることもありません。
    装置は歯に沿った形をしているので違和感も少ないです。

  • マウスピース矯正が選ばれる理由 3

    通院頻度が少ない

    矯正は毎月通院しなければいけないもの、と思われています。
    ブラケット矯正では、毎月ワイヤーやゴムを交換する必要があります。
    しかし、インビザライン矯正では、あらかじめシミュレーションを作成し、歯の動きをプログラミング化しているため、歯の動きが順調であれば2~3か月ごとの通院でも問題ありません。
    留学、遠方からの来院も、それに合わせてスケジューリングも可能です。

インビザラインと他のマウスピース型矯正器具との違い

インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)とは?

インビザラインのロゴ

インビザラインは、アメリカで1998年から開発・研究されているマウスピース型矯正システムです。
世界で500万人以上の実績があり、マウスピース矯正といえば「invisalign」と言われるほどです。
マウスピース矯正は、他のメーカからも多数台頭してきていますが、今までの治療実績、研究開発バックグラウンド、材質のクオリティーなど他メーカに追随をさせない矯正治療システムです。

治療の歴史はブラケット装置より短いのは否めませんが、それ以上に3Dとリンクした治療診断、膨大な研究結果から日々アップロードされる治療システム、データを一貫して活用するデジタルワークフローシステムは従来以上の矯正治療が可能となりました。

インビザライン独自のメリットとは?

  • 1. クリンチェックでシミュレーションができる

    クリンチェックは、歯のゴールまでの動きを示すシミュレーションソフトのことです。
    インビザラインだけに用いられるこのシミュレーションは、治療前にご自身の歯の動きを目で見てイメージできるため、安心して治療をスタートできます。

    治療計画は3次元で歯の動き、かみ合わせのバランス、およその治療期間などを組み立てていかなくてはいけません。
    このクリンチェックを使いこなすには、インビザラインに特化した知識と経験が必要です。従来の矯正知識だけではインビザライン治療はうまくいかないことがあるからです。

    クリンチェック画面
  • 2. 歯を動かすために独自開発されたSmartTrak素材

    マウスピース矯正といっても、世界中たくさんの種類があります。

    なぜ、インビザラインは治療クオリテイーが高いのでしょうか。
    それは、マウスピースの素材が大きく影響しています。

    アラインテクノロジー社が、何百もの素材の中から歯に適切な力がかかるように研究開発した素材は、ただのプラスチックではありません。
    歯にかかる力の大きさ、取り外しに適したしなやかさ、耐久性など、この素材に改良されて大きく治療結果が向上しました。

    SmartTrak素材
  • 3. 研究開発されたForceシステム

    マウスピースが歯全体を覆い適切な力をかけることで、理想的な歯の移動を行うことができます。

    それは、従来のワイヤーからかかる力とは異なったForceシステムになります。
    マウスピースからどのように力をかけると効果的か、さまざまな研究がなされています。
    歯に抵抗力をくわえるアタッチメント、アライナーの形状を工夫したパワーリッジ・プレッシャーエリア・プレッシャーポイント、歯の移動を変化させたステージングなどさまざまなフォースシステムが組み込まれています。

    Forceシステム

インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)の治療費についてはこちらをご覧ください。

治療費について

目立たない矯正治療を受けたい方、歯並びでお困りの方、お気軽にご相談ください。
無料カウンセリングを行っております。(予約制)

フリーダイヤル 0120-123-118
受付時間:9:30~18:30 休診日:木・日・祝日

〒220-0011 横浜市西区高島2-19-2 横浜神谷ビル5F

横浜マウスピース矯正歯科センターでは歯列矯正治療と一般歯科治療を行っております。
神奈川・横浜の矯正治療なら横浜マウスピース矯正歯科センターへご相談ください。

  • ヨコハマデンタルオフィス 横浜駅インプラントセンター
  • かねだ歯科診療室 相模原入れ歯・インプラントセンター

各種医療クレジットカード・ローンもご利用できます。

どのクレジットカードも可

各種クレジットカード
0120-123-118 お問い合わせ

無料相談・診療のご予約はお電話にて
受付時間:9:30~18:30 休診日:木・日・祝日

無料相談・診療予約(フリーダイヤル)