お子様の矯正歯科

子どもの内に早期治療を始めるメリット

子供の矯正治療のメリットは、成長をコントロールできるということです。早期治療によって、上下のあごのバランスを整え、 歯並びを広げることで、大切な永久歯を抜かないで歯並びを整えられる場合もあります。

不正咬合の原因には遺伝による先天的なものと、習慣による後天的なものがあります。指しゃぶりや舌癖、噛み癖などの悪習癖は、顎の発達やかみ合わせを悪くします。お子さまのお口に関心を持ち、日常生活から不正咬合を予防することも大切です。

子供の矯正治療は、お一人おひとりの歯並びやかみ合わせ、習癖などによっても治療に適した時期が異なります。 「おかしいな」と思ったら、できるだけ早めにご相談にお越しください。

小学校高学年までは矯正治療の準備期間

矯正治療では、永久歯の生えそろう12歳前後を境にして、乳歯から永久歯に生え変わる混合歯列期は準備期間と考えています。

大人の歯並びが完成したお子さまの矯正治療

永久歯の並びが完成すると、本格的な矯正治療として歯並び全体をきれいに仕上げていくことができます。しかし、歯の重なりを解消したり、出っ歯や受け口のように前歯を後退させるために、永久歯を抜歯しなければならない場合もあります。早期治療により永久歯を抜かないですむこともあり、10代ではまだ成長期にあり、いくつかの治療法が選択できることも可能です。気になったらできるだけ早めに相談されることをおすすめします。

歯の生え変わり時期のお子様の矯正治療

混合歯列期は、乳歯から永久歯に生え変わる時期です。この時期に永久歯の並びが悪い場合には、固定式の装置をつけて、部分的に治療をおこなう必要が出てきます。骨格的なバランスの悪い場合や、歯の生えるスペースが不足している場合には、この時期に治療を開始します。

矯正歯科の無料カウンセリング 医療費控除
横浜,矯正歯科,コンテンツ
  • ドクター紹介
  • クリニック紹介
  • 見えない矯正歯科
  • 短期間での矯正治療
  • 明瞭な治療費
  • 無料カウンセリング
  • 女性のための矯正治療
  • 大人の矯正歯科
  • お子様の矯正歯科
  • 医療費控除について
  • アクセス・診療時間

 

クレジットカード

ヨコハマデンタルオフィス
かねだ歯科診療室

見えない矯正歯科を受けたい方、歯並びでお困りの方は、是非お問い合わせください。

横浜,矯正歯科
診察のご予約へ